お知らせ

不用品回収をご自身でするポイント

読書する男性

ご家族や親族が無くなった際にしなければいけないことの一つが「不用品回収」です。しかし、最近の風潮としてこの不用品回収を業者に依頼する場合や終活の一環としてご自身で整理する方も増えてきています。今回は、この自分で不用品回収する場合に着目してご紹介したいと思います。
【書類】メモのような書類や残された家族が見ても分からない書類は古紙として処理しておきましょう。個人情報などが記載されているものはシュレッダーなどで処理しましょう。各種証明書やカード、財産に関する通帳などはまとめて一つにしておきましょう。特に死亡時に必要となる保険証は分かりやすいところに置いておき、ご家族の方にも伝えておきましょう。死亡時に連絡をして欲しい方はリストにまとめておくと良いでしょう。
【資産価値があるもの】預貯金をはじめ、株券や不動産、財産価値のある貴金属や骨董品、現金など資産価値があるものは相続税の対象にもなります。何があるのかどれをどう相続するのかも明記しておくと後々トラブルを避けることもできます。また、貴金属や骨董品など鑑定書があれば残しておきましょう。
【その他】衣類やなど使用再生できるものは、クリーニングを済ませ手入れをしておきましょう。また自身にとっては思い入れが強くても日記や書籍など残されても困るものもあります。できるだけ処分しておきましょう。また、形見分けという愛用品を引き渡す方法もあります。